太郎君の備忘録: メモの作成(ペン入力モード)  
執筆者: comgate
発行日付: 2006/12/18
閲覧数: 3887
サイズは 3.09 KB
印刷用ページ 友達に教える
 

操作説明


メモの作成(ペン入力モード)

ペン入力モードでのメモの編集方法を説明します。

ペン入力モードでは基本的にはタブレットPCのペンまたはマウスを使って、ノートに自由に書くだけです。
太郎君の備忘録ではペンの太さや色を変えて表現力のあるメモを書くことができます。
マウスの場合は左ボタンを押しながら書くことができます。
入力エリアはタイトル入力部分と本文の入力部分に分かれています。
タイトル部分に書いた内容は付箋表示に使われますので、メモの概略やタイトルなどを書いておくと便利です。


編集方法など


ペンの種類

ペン選択ボタンを使って、ペンを選択することができます。
ペンは太字、中字、細字、蛍光から選択することができます。
タブレットPCが筆圧感知に対応している場合は、筆圧によってもペンの太さが変わります。


色の選択

色選択ボタンでペンの色を選択することができます。
基本の8色から選択するか、その他の色はパレットから選択することができます。


消しゴム

書いた内容を消す場合には消しゴムボタンを使用します。
消しゴムは一筆ずつ消すモードと、ペンでなぞった部分だけを消すモードを選択できます。
なぞった部分を消す場合は、消しゴムの大きさを、太字、中字、細字から選択することができます。
タブレットPCの消しゴムボタンにも対応していますので、消しゴムボタンの付いているペンをご使用の場合は、ペンに付いている消しゴムを利用することもできます。


テキスト変換

手書きで書いたメモを変換ボタンでテキストに変換することができます。
変換ボタンを押すとタイプ入力モードにモードが変わり、テキストに変換された内容が自動的に入力されます。
上のメモをテキスト変換するとこのようになります。

手書きで書いたメモもそのまま残っていますので、ペン入力モードに戻ると手書きメモを表示できます。
また、設定により変換ボタンを使わなくても保存時に自動的にテキスト変換を行うことも可能です。


分類の変更

メモの分類を変更するには、ノート右下に表示されている分類名を右クリックします。
分類選択のメニューが表示されますので選択してください。


メモの保存

書いたメモはフロッピーのマークのボタンで閲覧モードに戻る時に保存できます。
また、明示的に保存しなくても編集モードでページの移動をした時は自動的に保存されます。
設定により、保存前に確認のメッセージが表示されることもあります。


画像の貼り付け

メモに画像を貼り付けることができます。
貼り付けた画像の上にもメモを書くことができます。
ペン入力の編集モードになっている状態で、メモに画像ファイルをドラッグ&ドロップしてください。
写真の上に落書きするとか、地図の上にメモを書くとか、活用してください。


 
評価された記事: 0.00 (0 件の投票)
このファイルの評価
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
広告

最新ニュースブロック
ヘッドラインブロック
検索