太郎君の備忘録: ノートの基本操作  
執筆者: comgate
発行日付: 2006/12/17
閲覧数: 4205
サイズは 6.20 KB
印刷用ページ 友達に教える
 

操作説明


ノートの基本操作

書いたメモを閲覧したり、メモを書いたりする画面をノートと呼びます。
ここではノートの基本的な操作方法を説明します。

この画面はノートの閲覧モード、ペン入力モードで表示した画面です。
ツールバーには、操作可能な機能のボタンだけが表示されます。
編集モードでは、メモ編集用のボタンなどが表示されます。

メモは見出し部分と本文に分かれています。
見出し部分に書いた内容は、付箋のようにデスクトップに貼り付けることができますので、メモの概略などを書き込んでください。
タイプ入力モードでも基本的な構成は同じですが、見出しと本文の部分は文字を入力するためのボックスが表示されます。


ノートの動作モード


閲覧モードと編集モード

ノートには閲覧モード編集モードがあります。
閲覧モードでは、保存してあるメモの閲覧をすることができます。
編集モードでは、メモの書き込みを行います。
閲覧モードと編集モードはツールバーの切り替えボタンで行います。
閲覧モードではツールバーには紙と鉛筆のアイコンが表示されています。
編集モードではツールバーにフロッピーディスクのアイコンが表示されています。


タイプ入力モードとペン入力モード

ノートの表示にはタイプ入力モードペン入力モードがあります。
太郎君の備忘録では手書きのメモとテキストのメモを作成することができますが、ひとつのメモに、手書きとテキストの両方のデータを保存することができますので、どちらを表示するかを選択することができます。
タイプ入力モードではテキストのメモが表示され、ペン入力モードになっていると手書きのメモが表示されます。
タイプ入力モードとペン入力モードの切り替えは、ツールバーの鉛筆アイコンのボタンで行います。
タイプ入力モードでは鉛筆に禁止マークが付いたアイコンが表示されます。


ノートのナビゲーション


ページの移動

ページの移動はツールバーの前へ戻る、次へ移動、最初へ移動、最後へ移動ボタンで行えます。
現在のページに直接ページ番号を指定して移動することもできます。
編集モードでページの移動をしようとすると、編集中のページは自動的に保存してから移動します。
(設定により、自動保存せずに確認のメッセージを表示することもできます)

閲覧モードでは次のページと前のページへの移動はマウスジェスチャで行うことも可能です。
既定ではページ内で左ボタンを押しながら、マウスを左にドラッグすると前のページへ、右にドラッグすると次のページへ移動できます。
マウスジェスチャは設定画面でカスタマイズすることも可能です。

太郎君の備忘録ではメモを分類することができますが、ノートの右側のタブを選択することで該当の分類に属するメモだけを表示することができます。
全てのタブを選択すると分類によらずに全てのメモが表示できます。


メモの追加と削除


メモの追加

メモを新規に作成する場合はツールバーの新規追加ボタンをクリックします。
表示中のメモの分類と同じ分類でページを追加し、自動的に編集モードに切り替わります。
分類タブで全てを選択している場合は先頭の分類でページが作成されます。


メモの削除

メモを削除する場合は削除したいメモを表示して、ツールバーの削除ボタンをクリックします。
確認のメッセージの後に表示中のメモが削除されます。


その他の操作


付箋表示

付箋表示ボタンを押すことで、表示中のメモを付箋としてデスクトップに貼り付けることができます。


しおり

しおりボタンを押すことで、表示中のページにしおりを付けることができます。
再度、しおりボタンを押すとしおりが取れます。
次のしおりボタンでしおり付のメモだけを順番に表示することができますので、よく見るページにしおりをつけておくと便利です。
しおりはいくつでも付けることができます。


全体表示

メモの内容をノートの大きさに収まるサイズに自動調整して表示します。
この機能は手書きのメモ表示でのみ有効です。
メモが小さい場合は拡大、メモが大きい場合は縮小して、メモの全体が表示できるように大きさを調整します。
あくまでも表示の調整だけですので、実際のメモの内容が変わるわけではありません。
ツールバーの全体表示ボタンで表示方法を切り替えることができます。


最前面表示

ノートのウィンドウを常に最前面に表示することが可能です。
ツールバーの最前面表示ノーマル表示切替ボタンで表示方法を切り替えることができます。


ノートの透明度変更

メモを書きながら他のウィンドウの内容を見たいときなど、ノートを半透明表示にすることができます。
ノート上で右クリックすると、メニューが表示されますので、透明度を選択してください。
0%を選択するとは不透明になり、大きい値を選ぶほど透明度が高くなります。


ページ情報表示

ページ情報表示ボタンで表示中のメモの情報を表示することができます。

メモのデータファイル名やサイズ、作成日、関連ファイルの状態などを確認できます。
メモに予定日を設定することもこの画面からできます。


関連ファイルを開く

メモにファイルやホームページのURLを関連付けてある場合は、関連ファイルを開くボタンがツールバーに表示されます。
クリックすると関連付いているファイルを開くことができます。
複数のファイルを関連付けている場合は、対象のファイルの選択画面が表示されますので開きたいファイルを選択してください。


予定日の確認

メモに予定日を設定してある場合は、予定日ボタンがツールバーに表示されます。
クリックすると予定日入力画面が表示されます。

ここで、予定日の変更やアラームの設定などを行うことができます。


 
評価された記事: 0.00 (0 件の投票)
このファイルの評価
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
広告

最新ニュースブロック
ヘッドラインブロック
検索